福袋を大量購入していた時代はくーぽん権が付いていました

勝手ではありますが、この抽選など、買えば買っただけ、無制限にできた時代を長い間過ごしてしまい、その昭和的な、一人何回までというシステムについていけないのです。もちろん、今までも、一人何回までというような仕組みはあったかと思います。驚くのは、それが、少額のレベルにまで到達してきたていることに驚いたのです。五年前にはありえませんでした。買えば買っただけ、サービスがあったのです。こちらも、最近は、お買い物をあまりしなくなったので、その現場を見ていないということがあるのですが、昭和を感じてしまいます。また、お買い物をする人が増えたということもあるのでしょうね。
自分が福袋を大量購入していたころには、すさまじい、クーポン券が付いていて、その使い道がなく捨ててい足し、そのクーポンもだいぶ役に立ったことを思い出します。
たくさんの抽選券を持った方が並んでいて、しかも、その並びを苦しいとも感じていない様子がありました。